【ダイエット】高校生が学生生活の中で痩せるための食事法を完全解説!

高校生は、一日のスケジュールや食事内容が決まっていることが多くて、中々ダイエットするのが難しいのではないでしょうか?一方で、高校生は代謝も高く、学生生活のおかげで一日の消費カロリーが多いという大きなメリットがあります。

高校生は、食事の量と質を少し意識するだけで、健康的に痩せることができるんです!しかし、健康的に痩せるためには、食事法だけでなくダイエットに対する正しい捉え方を知っておかなければいけません。

なぜなら、ダイエットの情報は大量にあり、取捨選択を間違えると、身も心もボロボロになる可能性が高いからです。心や身体は、一度壊れると元に戻すのが本当に大変です。

今回は、高校生が学生生活の中で痩せるための食事法を完全解説します!綺麗になりたい、可愛くなりたいと思っている素敵なあなたに、絶対知って欲しい内容です。この記事を理解しておけば、心も身体も健康的で可愛い女性になれること間違いなしですよ!

痩せたいときは食事の量と質を「少し」意識するだけでOK

痩せたいときは、食事の量と質を「すこーーしだけ」意識するだけでOKです。あなたは、痩せたい、ダイエットしたい、そう思ったときにまず浮かぶものはなんでしょうか?

「食事を減らそう」
「野菜だけを食べよう」
「お菓子をやめよう」
「毎日ランニングをしよう」
「高カロリーなものは一切食べないようにしよう」

こんな風に思ったなら、まだダイエットを開始してはいけません。このままダイエットを始めても、健康的に痩せられないです。

痩せるためには、お菓子や高カロリーなものを辞める必要はありませんし、毎日必死に運動しなくてもいいんです。野菜だけを食べる草食動物みたいな生活もしなくてOKです。

痩せることは、もっと楽しくて一生続けていけるものって知ってましたか?今回は、そう思えるような食事法を紹介しちゃいますよ。

ダイエットを始める前に知っておくべきこと

ダイエットに対して間違った認識を持っていたかも、と思ったあなたへ。まずは、ダイエットを始める前に知っておくべきことを4つ、お伝えしましょう。

  • ○○ダイエットはやらなくていい
  • 食事は楽しくて幸せなもの
  • 成功するダイエット方法は人によって違う
  • 痩せる食事は量より質が圧倒的に大切

○○ダイエットはやらなくていい

○○ダイエットはやらなくてOKです。よくテレビやネットでみかける「○○ダイエット」。○○ダイエットとは、朝バナナダイエットや炭水化物抜きダイエットなど、特定の食べものや栄養素に注目した方法です。

特定のものに注目したダイエットは、栄養バランスが偏り、不健康な痩せ方をしてしまうことが多く、リバウンドする確率も非常に高いです。簡単で続きそう!と思っても、結局リバウンドしてしまうなら、やる意味がないですよね。

更に、不健康に痩せることで、体重は減ったのに見た目が変わらないということが起きます。本当に意味がないですよね・・・。

まず、○○ダイエットというものを見かけたら、ほとんど相手にしなくていいでしょう。もっと健康的で普通のダイエット法で十分ですよ。

食事は楽しくて幸せなもの

食事は楽しくて幸せなものです。当たり前じゃん?と思った人もいるかもしれませんが、ダイエットをしていると忘れがちです。

ダイエットで食事を制限しすぎると、高カロリーなものを食べるときや食べすぎてしまったときに罪悪感を感じやすくなります。ダイエット中は、いつも食事は楽しくて幸せなものだと思い出す癖をつけましょう。

そして、ダイエット中の食事がつらく感じたら、一度ダイエットをやめるのもOKです。食事を楽しめないダイエットは、いずれ失敗してしまいますからね。

成功するダイエット方法は人によって違う

成功するダイエット方法は人によって違うと、理解しておきましょう。現代では、youtubeやツイッターなどでたくさんの成功体験を見ることができます。

しかし、人はそれぞれ体質や体格、年齢や性別まで、何もかもが違うんです。他の人のダイエット体験談は、参考程度にとどめるのがおすすめです。自分が痩せられるダイエット法は、自分にしか分かりません。

他人を羨むことなく、冷静に、健康的に自分の理想の身体を求めていきましょう!

痩せる食事は量より質が圧倒的に大切

痩せる食事は量より質が圧倒的に大切だと知っておいて下さい。量を減らせば痩せる、と思う人が多いですが、痩せていません。

実際には、食べる量を極端に減らすと水分と筋肉が無くなって、痩せたように感じていることがほとんどです。もちろん、毎食お腹がはちきれそうになるまで食べていて、それに加えてお菓子もお腹いっぱいになるまで食べている場合は、量を調整する可能性があります。

しかし、ほとんどの人は、痩せるために量を極端に減らす必要がない、ということを理解しておきましょう。これを知っておくだけで、心と身体を健康的保ったままダイエットを成功させることができますよ

学生生活の中で痩せる食事法

学生生活の中で痩せる食事法は、5つあります。

  • 3食食べる
  • 揚げ物や単品料理はおかわりしない
  • お菓子の量を減らす
  • 飲み物を水かお茶に変える
  • よく噛んで味わって食べる

最初から、全てやると、慣れないことが多く途中でストレスが溜まってしまいやすいでしょう。1つずつ丁寧に習慣化していくのがおすすめですよ。

3食食べる

まずは、3食しっかり食べましょう。何度も言いますが、食事の量を減らしてもいいことがありません!そして実は、実家で出される朝食と夕食、また給食やお弁当、これらが太る原因になっていることは少ないんです。

なぜなら、大人が栄養バランスを考えて作ったものだからです。栄養バランスが整った食事で太る人は少なく、太る理由のほとんどが、間食や高カロリーな食べ物の量があまりにも多すぎることが考えられます。

ダイエットで食べる量を減らさないといけないと思ったそこのあなた!安心してください。3食は、今まで通りちゃんと食べて大丈夫ですよ。

揚げ物や単品料理はおかわりしない

揚げ物や一品料理はおかわりしないようにすると、ダイエットが進みます。単品料理とは、うどん、ラーメン、カレー、丼ぶり、といった一品で済ますことができる料理のことです。

揚げ物や単品料理は、高カロリーで栄養が偏りやすいので、ダイエット中は食べすぎに注意しましょう。栄養価が低くてカロリーだけを摂りすぎてしまうと、脂肪を溜め込みやすくなり、太りやすい身体になりやすいんです。

しかし、絶対に食べてはいけない訳ではありません。揚げ物やラーメン、カレーは本当に美味しいので、食べてOKです。今までおかわりしていた分をなくすだけで、ダイエット効果は十分に得られますよ。

お菓子の量を減らす

一日にどれくらいお菓子を食べていますか?私は、学生の頃毎日のようにチョコやスナック菓子、菓子パンを食べていました。だって美味しいんだもん。

しかし、太ってしまう原因の多くはこの間食の摂りすぎにあります。テレビを観ながら、youtubeを観ながら、友達と話しながら、ついついお菓子を食べてしまうことがありますよね。気持ちは分かりますが、痩せたいならそのお菓子の量を少し減らしてみましょう。

お菓子を減らすときのポイントは、3つです。

  1. 温かい飲み物と一緒に食べる
  2. お菓子の「ながら食べ」は絶対にしない
  3. 小腹が空いたら水か温かい飲み物を飲んでみる

温かい飲み物は、満足感を感じやすく、時間をかけて飲むのでお腹をいっぱいにしやすいです。また、水分が不足しているときは、脳が空腹と勘違いすることがあるので、小腹が空いたらとりあえず水分補給をしてみましょう。

そして、絶対に気を付けて欲しいのが、「ながら食べ」です。人と話しながら、何かを観ながら食べると、100%食べすぎてしまいます。お菓子を食べるときは、温かい飲み物を用意して、おやつの時間を全力で楽しみましょう

せっかく美味しいお菓子を食べるんですから、五感を使って全身で味わいましょう。経験談ですが、こうするだけでめちゃくちゃ美味しく感じますよ!

参考:アルピナピュアウォーター研究所より
参考URL:お腹がすくのは水分不足が関係しますか?より

飲み物を水かお茶に変える

飲み物を水かお茶に変えるだけで、余計な脂肪がつかなくなります。飲み物は、コーラ、カルピス、紅茶など、砂糖がたくさん入った甘いものをチョイスする人も多いのではないでしょうか。

実は、このような飲み物は、500mlで200kcalを超えてきます。200kcalの食べものは、次のようなものです。

名前内容量カロリー
ローソンプレミアムロールケーキ1個220kcal
ポン・デ・リング1個225kcal
あんぱん1個210kcal
塩むすび120g202kcal

思ったより、高カロリーですよね。飲み物を水かお茶に変えるだけで、間食1回分が無くなると考えると、やる価値ありです。

よく噛んで味わって食べる

よく噛んで味わって食べると、満腹感を得られやすくておすすめです。よく噛むことで、食事時間が長くなり、満腹を感じやすくなります。

食事が始まって、満腹中枢が刺激されるまでには最低15分必要です。早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激される前に大量に食べるので、食べすぎに繋がります。よく噛んで時間をかけて食べることで、満腹中枢が刺激され、自然とお腹がいっぱいになるんです

また、味わって食べることは、食事を楽しむ上でとても大切です。美味しいものを食べられるんですから、よく噛んでしっかり味わいながら食べましょう。美味しさを長く感じながら、ダイエットもできるなんて、一石二鳥ですよね!

実家でダイエットを成功させるコツ

実家でダイエットを成功させるコツは、3つです。

  • 実家で出るご飯は必ず食べる
  • デザートやお菓子を出されたら次の日の朝に回す
  • 休日だけ自炊をしてヘルシーな料理を作る

実家では、食事のコントロールが難しくてダイエットできない!と感じる人が多いと思います。私は、実家で5キロのダイエットを成功させました。その秘訣をお伝えするので、ぜひ実践してみてくださいね!

実家で出るご飯は必ず食べる

実家で出るご飯は必ず食べることが大切です。なぜなら、ダイエットは、一生続けられることをやるべきだからです。実家に暮らしていて、出されたご飯を一生食べないのは無理ですよね。

しかも、実家で出されたご飯が原因で太ることはほとんどありません。原因は、間食や食べすぎです。実家で出るご飯は、美味しく感謝しながら食べましょう。

気を付けることは、高カロリーなメニューのときは、おかわりをしないようにすることです。そうするだけで、家族との関係がギクシャクすることなく、ダイエットを続けることができますよ。

デザートやお菓子を出されたら次の日の朝に回す

食後のデザートやお菓子を出されたら、次の日の朝に回すとよいですよ。完全に断ってしまうと、食べないと心配されることもあります。

そんなときは、「今はお腹いっぱいだから、明日の朝食べるね」と言うのがおすすめです。朝食べたカロリーは、1日動いているうちに消費できることがほとんどです。食後には食べずに、次の日の朝に回すだけで、スムーズにダイエットを進められます。

休日だけ自炊をしてヘルシーな料理を作る

高カロリーなメニューが多いご家庭は、休日だけ自炊をしてヘルシーな料理を作るとよいでしょう。毎日、揚げ物、カレー、ラーメンなどダイエットに不向きなメニューが多いなら、休日だけヘルシーな料理を自炊するのがおすすめです。

休日は、鶏むね肉やささみと野菜を合わせるだけでも高たんぱく低カロリーなメニューができます。以下の記事では、ダイエット中におすすめのメニューを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

ダイエット中は、夜ご飯を少なめにしましょうと言われることが多いですよね。とはいえ、何を食べたらいいのか分からなくなることはありませんか?私も、ダイエット中の夜ご飯のメニュー決めには散々悩まされてきました・・・!実はダイエット中の夜ご[…]

痩せるよりも内面を磨いた方が幸せになれることもある

痩せるよりも内面を磨いた方が幸せになれることもあります。私は、失恋がきっかけでダイエットに成功しましたが、内面磨きも同時にしました。結果的に、内面磨きのおかげで、自分に自信を持てるようになり、前向きに過ごせるようになったんです。

ダイエットは、自分に自信をくれる素晴らしい自分磨き方法です。それに加えて、内面も磨くことで、さらに素敵な女性になれますよ

このブログでは、内面磨きについての記事もたくさん書いているので、そちらも是非実践してみてください!

関連記事

自分に自信がないけど、どうしたら自信がつくのか分からない・・・そう思うことはありませんか?私も昔は自信がなさすぎて、毎日落ち込んでいました。自信をつける方法は、プラスを見つける力を鍛えるだけなんです!自分を好きになれとか、スキルを身[…]

関連記事

今回は、私の生き方に最も影響を与えた本を紹介したいと思います!わたしは普段本で感動したり、影響を受けることは少ないのですが、今回紹介する本はとっっっても感動しました・・・!!そして皆さんは今、一人でいる時間が多く、自分のこれ[…]

まとめ&伝えたいこと

今回は、高校生が学生生活の中で痩せるための食事法を紹介しました。高校生は、成長期なので、栄養バランスが整った食事が大切です。極端な食事制限や野菜だけの生活は絶対に痩せません。

高校生が痩せるためには、食事の量や質を「少し」意識するようにしましょう。間食を減らしたり、飲み物を水やお茶に変えるだけで十分なダイエット効果が期待できます。また、実家のご飯はしっかり食べて、おかわりをしないだけで痩せられます。

学生生活を楽しみながら、楽しくダイエットしていきましょうね!