ダイエット中は運動時間や時間帯にこだわるな!【やれるときにやろう】

ダイエットに運動が必要!という知識は、最近広まりつつありますが、ここで問題になるのが運動時間や時間帯ですよね。

一体どれくらいやればいいの?いつやるのがいいの?など様々な疑問が浮かぶと思います。確かに、せっかく運動するなら効果を最大限にした状態でやりたいですよね。

しかし、痩せやすい身体作りをしながらリバウンドせずにダイエットを成功させるためには、運動の時間についてはあまりこだわらない方がいいと思っています。なぜなら、痩せるためには、運動を習慣化させることが最も大切だからです。

今回は、なぜダイエット中の運動について細かいことは気にしない方がいいの、その理由を紹介します。たくさんの情報を見て、頭が混乱している人は、ぜひ参考にしてください!

痩せたいなら時間や時間帯に囚われるな!

結論、痩せたいなら、時間や時間帯に囚われない方がいいです。

ちなみに、一般的にダイエット中のベストな運動時間や時間帯は次のようになっています。

運動ベストな時間理由ベストな時間帯理由
有酸素運動20分以上20分後から積極的に内臓や皮下脂肪が燃焼されやすくなるから朝7時or夜7時脂肪を蓄積させるコルチゾールの分泌が少ない時間帯だから
筋トレ夕方身体機能がピークを迎え力を発揮しやすいから

これに忠実に従うと、朝ウォーキングやランニングを20分以上行い、夕方に筋トレをやらなければいけません。朝から夜まで働いている人や夜勤が多い人など、ライフスタイルによっては中々続けにくいのではないでしょうか。

私は、このベストな時間に縛られない方が逆にダイエットが上手く進むと考えています。

参考:おか調剤薬局,グリコ,整体×骨盤カラダファクトリーより
参考URL:有酸素運動と無酸素運動,適切な筋トレの頻度と行うべき時間帯,ダイエットのための運動は時間帯が重要ですより

時間を気にしなくても痩せられる理由

運動時間を気にしなくても痩せられると考える理由は、主に3つです。

  • 階段のぼりや掃除でも筋力アップができるから
  • 買い物や移動でも立派な有酸素運動ができるから
  • 時間よりも食事との関係が大切だから

これらは、私が実践して実際に感じたことです。ダイエット中の運動は、「習慣化させること」が何よりも大切です。習慣化できるような運動こそが、ダイエットに適した運動と考えていいでしょう。

階段のぼりや掃除でも筋力アップができるから

まず、階段の昇り降りや掃除でも十分な筋力アップが期待できます。夕方に筋トレをやらなければ!と時間にこだわりすぎて、できなかった日に絶望することはありませんか?

しかし、よく考えてみてください。確かに、筋肉を追い込むことはできませんでしたが、階段を使って太ももやふくらはぎの筋肉を動かしたり、掃除で二の腕や肩の筋肉を使っていますよね。

筋トレのように筋肉を追い込むことができなくても、しっかりと筋肉を使っているので、普段動くことが少ない人は、これだけでも筋力アップができるでしょう。

時間にこだわって筋トレをするよりも、日常で使っている筋肉を意識しながら生活する方が、簡単に身体を動かすことを習慣化できるはずです。

今日は、全然運動できなかったな・・・と落ち込むのは早いですよ!よーく振り返ってみて、筋肉を動かしていたシーンがあれば、それで十分運動をしたことになります

買い物や移動でも立派な有酸素運動ができるから

わざわざ20分以上の有酸素運動の時間をとらなくても、買い物や移動で十分に運動ができているので、運動時間にこだわる必要はありません。

買い物や移動では、知らず知らずのうちに結構な距離や時間を歩いているものです。有酸素運動の時間を取れなかったときは、20分歩いていない・・・と考えるよりも、今日は友達と遊んだときにたくさん歩いて有酸素運動したからいっか!と思える方がいいでしょう。

実際、人間は生きているだけで有酸素運動をしているのです。毎日必ず有酸素運動をするぞ!と縛りを付けるよりも、普段の行動を有酸素運動だと思って意識して生活する方が気楽に運動を習慣にできます。

ダイエットは、運動を習慣化できたもん勝ちですから、この考え方は非常に大切です。

参考:岡田隆「除脂肪メソッド」 ベースボールマガジン社 p28

時間よりも食事との関係が大切だから

運動は、時間よりも食事との関係が大切です。運動前後の食事の摂り方で、効果が全然変わってきます。

時間を優先しすぎると、仕事終わりや寝起きなど、空腹状態で筋トレや有酸素運動をやらなければいけない時がでてきます。いくら運動効果を発揮しやすい時間帯だとしても、肝心の身体のエネルギーが足りていなければ、効果を最大化することは難しいでしょう。

時間を意識するよりも、食事や日常生活の動きに注意する方が、簡単に運動を習慣化できます。実際私も、必ず朝有酸素運動、夕方筋トレをしようとしていたときは、全然習慣化できませんでした・・・。

時間にこだわらなくなってからは、半年以上運動を続けられていますし、身体もしっかりと引き締まってきましたよ。

ちなみに、運動前後の食事については、以下の記事で詳しく解説しているので気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

ダイエット中の運動は、食前か食後どっちがいいのか迷ってしまいますよね。運動のタイミングについては、色々な情報があって結局どうしたらいいのか分からず、面倒くさくなる人も多いはず。結論からいうと、有酸素運動は食前、筋トレは食後にやるのが[…]

時間を気にしすぎると痩せない理由

時間を気にしすぎると、痩せない理由は、3つ挙げられます。

  • 続かないから
  • 結果が出ないと落ち込むから
  • ストレスになるから

運動を習慣化できず、ストレスがたまるようなダイエットは、挫折しやすくリバウンドにつながります。そのため、時間にこだわりすぎると、ダイエットが上手くいきません。

続かないから

まずは、運動時間を意識しすぎると、ダイエットが続かずに痩せられない可能性があります。朝と夕方に運動するぞ!と決めていても、寝坊をしたり残業をしたりすると、どうしてもできなくなってしまいますよね。

ここで、「今は運動しても効果がなさそうだから明日にしようかな」と言ってやらずにいると、その後も、朝と夕方以外は中々やる気にならず、運動を習慣化できなくなります

運動効果を最大にするためには、時間よりも「継続」と「食事」が大切です。効果的な運動をするために、時間を意識しているのに、そのせいで継続ができずに運動効果が出なかったら、もったいないですよね。

結果が出ないと落ち込むから

この時間に運動していれば絶対痩せる!と思っていたのに、中々結果が出ないと落ち込みませんか?私は、実際夕方に筋トレをしているのに全然代謝が上がらないじゃん!と悲しくなるときがありました・・・。

時間にこだわって無理やり時間を決めて運動をしていると、その分ダイエット効果を期待してしまいます。しかし、実際は食事や生活習慣など、痩せない原因があると、いくら最適な時間帯に運動をしていても中々効果が出ないものです。

毎日有酸素運動を1時間しているのに痩せない・・・という人もそうでしょう。20分以上で脂肪燃焼効果があるはずなのに、なんで痩せないの!?と落ち込んでしまいますよね。

しかし、必ずしも長く有酸素運動をやれば痩せるわけではありません。痩せやすい時間帯や運動時間を意識しすぎると、結果を期待して痩せなかったときに落ち込み、ダイエットを挫折しやすくなるでしょう

ストレスになるから

時間にこだわりすぎることは、大きなストレスになってしまいます。朝起きたら走らなきゃ、夕方になったら筋トレしなきゃ、最適な時間帯が過ぎたらもうだめだ、そんな生活はストレスが溜まりますよね。

そしてストレスは、ダイエットに関係ないと思われやすいですが、太りやすく痩せにくい身体を作る大敵なんです。

痩せたくて時間を意識しているのに、そのせいでストレスが溜まって痩せにくくなるなんて、嫌ですよね。時間にこだわらない方が気楽に運動を習慣化できて、ストレスが溜まりません

運動はやりたいときにやろう!

ダイエット中の運動は、やりたいときにやるのが一番です。やる気が出ない日はやらない、疲れているならやらない、忙しいならやらない!

あまりにも運動が習慣化できない場合は、やり方を変えてみたり別の行動と合わせてやってみたりと、工夫してみましょう!とにかく、ただ時間に縛られて無理やり運動をすることは避けるのがおすすめです。

とにかく、運動は、効果を最大化させるよりも、継続して習慣化できるようになることが一番大切です!何よりも大切です!

余裕がある人は、ベストな時間や時間帯を意識して、運動経験が少ない人はまず運動を習慣化させるのを目標にしましょう!

まとめ&伝えたいこと

今回は、ダイエット中の運動で時間帯を意識しない方がいい理由を紹介しました!ダイエット中の運動については、情報が多く、中々取り入れづらいと思います。

しかし、まずは継続すること、習慣化させることを第一に考えて運動をするのがおすすめです。どれくらいやるか、どの時間帯にやるか、は運動を生活の一部にしてから考えてOKですよ!

無理のない運動でダイエットをスムーズに進めていきましょう!

ときめくくらしブログの最新情報をチェックしよう!